2012年11月9日金曜日

足立教授と門下生

チョウザメ研究の第一人者、北大水産学部の足立教授が門下生6人と共につりぼり厚和までお越し下さいました。

先月に引き続きこれで3回目です。

全国で一番この「アムールチョウザメ」が、つりぼり厚和にいるという事で何としてもキャビアを採るために、お手伝いしていただいてます。

教授は今日も顕微鏡で熱心に研究中ですよ。

そして更にキャビアだけでなく、コンドロイチンとヒヤルロン酸の道も模索してくれました。こうご期待・・うちらにとって嬉しい朗報です。